ウィキメディア財団

From Miraheze Meta, Miraheze's central coordination wiki
This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation and the translation is 71% complete.
Outdated translations are marked like this.
ショートカット
WMF
Wikimedia Foundation
このページではウィキメディア財団やMirahezeとの関係(英語版ウィキペディアの私論の使用やカルチャーの共有等)財団からの寄付、利用者名の方針での独自のステータスなどについて説明しています。

ウィキメディア財団MediaWikiを開発した非営利法人です。ウィキペディアなどのプロジェクトをホストしています。Mirahezeとウィキメディア財団は似たように見えるかもしれませんが同じ団体によって管理されているわけではありません。

より詳しい情報はウィキペディアのWikimedia Foundationにてご覧ください。

Mirahezeとの関係

Mirahezeとウィキメディアは共にMediaWikiによって運用されておりスキンの見た目などで一部の利用者が2つのプロジェクトは関係あると思い込みことがあります。Mirahezeは、MediaWikiのバージョンをウィキメディアプロジェクトと同じように使用すると心がけておりMirahezeとウィキメディアは、同じソフトウェア、拡張機能、スキン、一部のボランティア、役割名などが同じ場合がありますが、Mirahezeとウィキメディアは関係ありません

MirahezeはイギリスのMiraheze Limitedにより運営されておりウィキメディアはアメリカのウィキメディア財団によりMirahezeとは異なった形態で運営されています。ウィキメディアが教育資料の提供を目指しているのに対し、Mirahezeの目標は無料の優れたMediaWikiホスティングサービスとなることです。

文化

Mirahezeは2人のウィキメディア利用者によって設立されました。Mirahezeの最初の利用者の多くは、他のウィキメディアンを通じてMirahezeのことを知ったウィキメディアンでした。現在でも、利用者の多くはウィキメディアのプロジェクトでボランティアをしているか、以前そこでボランティアをしていたという長い歴史を持っています。私たちの利用者の中には、ウィキメディアのStewards⧼Group-globalsysop⧽グローバル・ロールバッカーオンブズ委員システム管理、英語版のWikipedia BureaucratsAdministratorsCheck usersOversighters、仲裁委員会のメンバー、その他数え切れないほどの権限保持者を務めていた人や現在務めいる人がいます。このように、私たちは時にウィキメディア文化のいくつかの側面を共有する傾向があり、それが混乱に拍車をかける傾向があります。

時には、ある利用者がウィキメディアの考え方を流用したり、ウィキメディアを何かの基礎として使ったり、ウィキメディアのプロジェクトから私論を引用したり、ウィキメディアに言及したジョークを言ったりするのを見ることがあります。このため、Mirahezeは、時折、何かを行う方法のモデルとしてウィキメディアを参考にすることがあります。Mirahezeでの変更には合意が必要であり、時には何かをするのに最適な方法はウィキメディアの方法ではないと判断されることがあります。

英語版ウィキペディアの私論の利用

一般的に、Miraheze Metaのユーザーは、ポイントを説明するために英語版ウィキペディア(または、より少ない程度でウィキメディア・メタウィキ)の私論を引用するのを見かけるでしょう。例えば、WP:AGFは利用者に誠意を示すよう促し、WP:BOLDは利用者に勇気を持ってMirahezeを改善するための変更を行うよう促し、他の人やプロジェクトを助けるために行動を起こすよう促し、WP:SNOWは提案が通る見込みがないことを示し、What is trolling? (Wikimedia Meta-Wiki) は何がトロールかを説明しています。(全て挙げれるのはきりがありません。)

Once more, as many of our users are also Wikimedia volunteers, they tend to carry over the tendency to cite these essays. Citing these essays is generally acceptable and can be useful to explain a viewpoint or the reasoning behind an action. Some English Wikipedia essays are also adopted as a de facto guide on good practices and may sometimes even be cited by Stewards or Meta Administrators as their basis for making a decision.

While these essays serve great purpose, it is sometimes accidentally assumed that all English Wikipedia essays and policies apply as policy on Miraheze and Miraheze Meta. This is not true; Miraheze and Miraheze Meta have their own policies, located at Category:Global policies/ja and Category:Policies/ja respectively. Even though some English Wikipedia essays and policies sometimes serve as an example of good practices, those essays are not policy.

Mirahezeへの寄付

過去、Mirahezeはウィキメディア財団の支部から寄付を受けました。インドネシアの支部は1910ドルを2017年に、スペインの支部は2018年に10ユーロの寄付を行っています。Mirahezeはウィキメディア財団からは独立していますが我々は財団の寄付に感謝をしています。

ユーザー名

Following a Request for Comments in 2017 regarding user accounts and addresses, the Username Policy prohibits Miraheze users from using the same username as someone on Wikimedia projects with the intent of impersonating them.

Because of similarities between Wikimedia and Miraheze and because of a sometimes shared user base, some long-term abusers occasionally come onto Miraheze and impersonate high-ranking Wikimedians. Due to this, it is common practice for Miraheze users to seek confirmation that a Wikimedian truly did register on Miraheze and not an impersonator.