利用者名についての方針

From Meta
This page is a translated version of the page Username Policy and the translation is 89% complete.
Outdated translations are marked like this.
ショートカット
UP

このコメント依頼に基づき、この方針では、Mirahezeにおいてどのような利用者名が許容され、あるいはされないかをまとめております。以下の基準は、許容されないと判断される利用者名を示しています。

  • 攻撃的、侮辱的、他の利用者への嫌がらせに当たる利用者名や、Mirahezeのグローバルポリシーに違反する利用者名。
  • (「管理者」、「ビューロクラット」などのように)対象アカウントが実際には保有していない権限を有しているかのような印象を与える利用者名。
  • 成り済ましの意図を持って、意図的に他の利用者名に利用者名を似せている場合(Example氏に対するExamplee氏など)。
  • 電話番号やメールアドレスを含む利用者名。

ウィキのスタッフが運営しているのではない、Mirahezeや特定のウィキの名称を持った利用者名(Metawiki、など)。

  • 実際にはそうではないのに、「ボット」や「スクリプト」など、自動編集プロセスを行うことをほのめかしたり、MediaWikiソフトウェアの一部であるかのように示唆したりして、誤解を与えるような利用者名。
  • 「荒らし」など、何らかの不適切な好意や反応を誘発する目的であると思われる利用者名。

執行に際して

この方針を尊重しないアカウントが作成された場合、当該アカウントには警告し、方針へのリンクを示すとともに、利用者名変更の案内をします。スチュワードの警告を無視し、編集や記録されるアクションをいずれかのウィキで行った場合、彼らは方針違反としてロックされることがあります。

警告は、当該利用者がアクティブで、閲覧するであろうウィキに投稿されるべきです。

明らかに悪意を以て方針違反している場合(複雑な名前の明らかななりすまし、他者への明確な攻撃意図を持った利用者名、方針違反であることが明らかな利用者名など)については、警告なしで発見次第即座にロックすることができます。

判断について

各ケースにおいて判断を下す際、スチュワードは悪意なく作成された可能性のあるアカウントについては、特にロックする場合、最大限に慎重であるべきです。スチュワードは、裁量によって、善意、ボーダー上のケースには方針を執行しなかったり、例外措置を下したりする権利を有します。

異議申立

この方針の適用によるロックに対する異議申し立ては、Requests for Comment/Usernamesにて行うことができます。ただしこれは、行動規範利用規約に違反する内容を含むロックには適用されず、この場合はそれぞれ行動規範コミッションやスタッフに対してのみ異議申し立てを行うことができます。疑わしい場合は、スチュワードにお申し立ていただければ、そのスチュワードの方で、適切な相手へと申立を転送します。

既存のアカウントについて

この方針の導入後において、方針違反に当たることになる既存のアカウントについては、すぐに警告を行い、利用者名の変更へと誘導されます。警告後、もし彼らがグローバルにどこかでアクティブであることが確認され、しかも3か月以内に利用者名を変更しなかった場合は、当該アカウントはグローバルロックの対象となります。

Background