グローバル追放

From Meta
This page is a translated version of the page Global bans and the translation is 92% complete.
グローバル追放
グローバル追放とはMirahezeのサービスへのアクセスを制限するためのものです。

グローバル追放は利用者個人に対して、Mirahezeへのアクセスや編集するのを防ぐために課せられる措置です。(アカウントやIPアドレスに対するものではありません)グローバル追放は、グローバルブロックグローバルロックと異なり、実際の人間に影響を与えるためグローバルブロックやロックよりも厳しく、(アカウントやIPのみに適用されるブロックやロックと異なり)自由に与えられるものではありません。グローバル追放は、コミュニティ、サイト信頼性エンジニアリング(追放がMirahezeにとって重要であるか、極端な場合)、または利用規約に違反した場合にのみ適用されます。グローバル追放は通常、状況に応じてグローバルロックおよび/またはグローバルブロックの手段で強制され、ユーザーのMirahezeを使用する能力を制限します。公式にはグローバル追放に関するポリシーは存在しませんが、事実上のグローバル禁止は様々な形で存在します。

コミュニティは、あるユーザーを追放するために投票を行うことができます (通常Request for Commentsを通して行います)。これを行うには、コミュニティのメンバーが提案に対して投票する投票が行われます。もしあるユーザーをグローバルに追放する提案が可決されれば、スチュワードはそのユーザーと関連するすべてのユーザーアカウントをロックすることによって、議論の結果を強制します。コミュニティによるグローバルBANは、一般に、ユーザーがウィキを横断する深刻な不正行為に関与し、さまざまなmirahezeプロジェクトを執拗に妨害し、問題とみなされる行動に対処するための改善の試みが失敗した極端なケースで行われます。

信頼と安心理事会によって、潜在的な違反を調査し、利用規約を施行する責任を負っています。ユーザーが利用規約に違反していると判断した場合、ユーザーを追放する可能性があります (この措置は、「信頼と安全の追放」または「利用規約の禁止」と呼ばれる場合があります)。このような場合、ユーザーに通知され、アカウントがロックされます。彼らは信頼と安全に訴えるかもしれません。

これまで、サイトのエンジニア (システム管理者) は、利用規約違反の調査や違反したユーザーの追放を行っていました。2021年5月に、その役割は「信頼と安全」に引き継がれ、システム管理者が出したグローバル追放は、信頼と安全が監督するようになりました。現在では、サイトのエンジニアは、利用規約の利用規約の8番に従って、直ちに追放する必要がある場合にのみ、グローバル追放を行うことができます。これらの追放措置は、サイトのエンジニアの禁止理由に納得がいかない場合、信頼と安全によって覆されたり、変更されたりすることがあります。

To appeal a ban by the community, a user should appeal through a community venue such as Request for Comments. To appeal a ban issued by Site Reliability Engineering or Trust and Safety, please email ts(at)miraheze.org. Please make sure to include any relevant information in your appeal.

グローバル追放されたユーザーの一覧はリストから確認できます。

関連項目