グローバルIPブロック適用除外者

From Miraheze Meta, Miraheze's central coordination wiki
This page is a translated version of the page Global IP block exemption and the translation is 100% complete.
Global IP block exemption
ショートカット
GIPBE

グローバルIPブロック適用除外者グローバル利用者グループであり、要求に応じてスチュワードが任意の登録利用者に割り当てることができます。プライバシーに関連する理由、またはユーザーの母国で州が課すインターネットトラフィック制限を回避するなどの他の正当な理由で、Torまたは他のVPNを介して編集できるようにします。

注:Torによる編集は、デフォルトで ほとんどMirahezeカスタマーウィキで許可されています。これは、torunblocked利用者の権限がManageWikiDefaultPermissions登録利用者グループに含まれます。さらに、グローバルIP範囲ブロックの大部分は、登録利用者に何らかの影響を与えないソフト範囲ブロックになります。これらのブロックの背後にある主要なアイデアの1つは、スパムボットファームによる大量のアカウント作成を防ぐことです。破壊行為はオペレーターのみを説明します。

グローバルIPブロック適用除外者権限のリクエスト

理想的には、現在Mirahezeで編集できる場合は、Stewards' noticeboard(スチュワードの掲示板)グローバルIPブロック適用除外者が要求されることがあります。ここで、スチュワードが理由を評価します。グローバルIP適用除外の「必要性」を要求して評価します。または、影響を受ける利用者名やIPアドレス、およびその理由を記載したメールメッセージをstewards(at)miraheze.org 送信してリクエストすることもできます。州が課すインターネットトラフィック制限またはその他のMirahezeグローバルブロックがMirahezeでの編集機能を制限している場合は、別の方法でリクエストする必要があります。

承認された場合、スチュワードは通常1年間、一時的に権限を許可します。1年後、まだグループが必要な場合は、スチュワードの掲示板またはEメールで再申請することができます。

権限の取り消し

このグループはデフォルトでユーザーに1年間だけ与えられます。有効期限が切れると、再度申請する必要があります。また、元々彼らに対して有効期限が設定されていない場合、非アクティブなユーザーは定期的にグループから削除されることがあります。

グローバルIPブロックの免除を悪用してウィキを錯乱させたり、ローカル制裁を迂回する利用者は、その権限を剥奪され、その行為に対してグローバル制裁を受ける可能性があります。

グローバルIPブロック適用除外グローバルグループの利用者権限のリスト

  • Bypass global blocks (globalblock-exempt)
  • Bypass IP blocks, auto-blocks and range blocks (ipblock-exempt)
  • Bypass IP restrictions issued by the StopForumSpam extension (sfsblock-bypass)
  • Bypass automatic blocks of Tor exit nodes (torunblocked)

関連項目