拡張機能

    From Miraheze Meta, Miraheze's central coordination wiki
    This page is a translated version of the page Extensions and the translation is 87% complete.
    Outdated translations are marked like this.


    OOjs UI icon articleNew-ltr-invert.svgExtensions

    これは、Mirahezeに導入されている全ての拡張機能のリストであり、3つのカテゴリーにソートされています:無効に出来ない全てのグローバル拡張機能(及びその簡単な理由)、新しく作成したウィキの初期設定値で有効になっておりますが、無効に出来る拡張機能及び、初期設定では有効になっていませんが、各々の設定で有効化出来る拡張機能。このページには、リクエストされたが、導入出来なかった拡張機能の幾つかと、その理由も含まれています。

    既に導入されている拡張機能

    グローバルな拡張機能

    いくつかの拡張機能は、すべてのMirahezeウィキでデフォルトで有効になっており、ローカルのウィキでは無効にすることができません。これらの拡張機能は、グローバルな理由を簡単に説明した上で、以下にリストアップされています。

    • AbuseFilter – 重要なスパム防止及び破壊行為防止の拡張機能。管理者が特定の正規表現を含む編集を防ぐことができます。
    • AntiSpoof – なりすまし利用者アカウントの作成を防止します。
    • BetaFeatures – ベータ機能はグローバルに導入されていますが、個人設定から各々オフにする事が出来ます。
    • CentralAuth – グローバル利用者アカウントを定義します。これがないと利用者アカウントが機能しません。
    • CentralNotice – 計画的なダウンタイム等、Mirahezeに関する重要な通知に使用します。
    • CheckUser – 重要な破壊行為防止拡張機能。破壊者のアカウントの基盤となるIP範囲をブロックします。
    • CreateWiki – これが新しいウィキの作成方法です(おそらく最も重要な拡張機能です!)。グローバルにインストールされますが、Metaでのみ使用されます。ManageWikiにはこの拡張機能が必要であり、有効にしないとウィキが機能しなくなるため、技術的な理由により、拡張機能はグローバルに有効になっています。
    • CookieWarning – 法的/プライバシー上の理由で必要である為。
    • ConfirmEdit – 重要なスパム防止ツールです。不正な自動アクションを防止する為のCAPTCHAを作成します。
    • DataDump – バックアップはウィキから取れます。
    • DiscordNotifications – Discord の #wiki-feed への編集を記録するために使用されます
    • DismissableSiteNotice – Sitenoticeを無効にする
    • Echo – この拡張機能は、利用者通知機能を実装します。
    • EventLogging – CentralNoticeに必要な依存関係にある拡張機能。
    • EventStreamConfig – Required dependency for EventLogging
    • GlobalBlocking – 重要なスパム防止及び破壊行為防止拡張機能Miraheze Staffは、複数のウィキを破壊するIPアドレスをブロックする事が出来ます。
    • GlobalCssJS – グローバルアカウントシステムの一部で、利用者は全てのウィキにカスタムインタフェーススタイルを適応出来ます。
    • GlobalNewFiles
    • GlobalPreferences – グローバルアカウントシステムの一部で、利用者は全てのウィキでデフォルトの環境設定(設定)を持つ事が出来ます。
    • IncidentReporting – ダウンタイム等のインジデントを報告する為に、Mirahezeのシステム管理者が内部的に使用します。グローバルに導入されていますが、機能するのはMetaだけです。
    • Interwiki – あるMirahezeにある、ウィキと別のウィキ、及び他のMediaWikiのサイトに直接リンクする際に使用されます。(MediaWiki.orgへのこれらのリンク等。)
    • LocalisationUpdate – MediaWikiインターフェースの必須/コア部分。
    • LoginNotify – 重要なセキュリティ機能。アカウントへの不審なログイン試行について利用者に通知します
    • ManageWiki – 拡張機能を含む、ウィキ設定の管理に使用される拡張機能。これをオフにすると、他の拡張機能を有効/無効にする機能が削除されます
    • MatomoAnalytics – Miraheze内部の拡張機能。
    • MobileDetect<nomobile><mobileonly>タグを追加します。
    • Nuke – 重要な破壊行為防止機能。ウィキ管理者は、一度に複数のページを一括削除出来ます。
    • OATHAuth – 2要素認証の実装に使用される重大なセキュリティ機能。
    • OAuth – ウィキアカウントをMirahezePhabricatorのアカウントにリンクするために使用される内部Miraheze拡張機能
    • ParserFunctions – MediaWikiインターフェースの必須/コア部分。
    • RemovePII – 個人情報を除去可能にする
    • RenameUser – Mirahezeスタッフがリクエストに応じて利用者アカウントの名前を変更する機能を実装します(そうでない場合、これは不可能です)
    • RottenLinks – ウィキページ上の削除されたまたは壊れた外部リンクをチェックする内部Miraheze拡張機能
    • Scribunto – MediaWikiインターフェースの必須/コア部分。
    • SecureLinkFixer – 全てのウィキがHTTPSになっているか確認してください。
    • SpamBlacklist – 重要なスパム対策機能。管理者はスパムWebサイトが言及されないようにブラックリストに登録できます。
    • TitleBlacklist – 重要な荒らし防止拡張機能。管理者は、特定のタイトルと特定の利用者名を持つページが作成されないようにすることができます。
    • TorBlock – 重要な荒らし防止およびスパム対策拡張機能により、破壊行為者がTorを使用してIPアドレスを迅速に変更するのを防ぎます
    • UserMerge – Mirahezeスタッフが1つのユーザーアカウントの投稿を別の利用者アカウントに統合できるようにします。あまり使用されませんが、さまざまなメンテナンス目的で使用されます
    • WikiDiscover – すべてのMirahezeウィキとそれらに関する一般的な情報を表示する内部Miraheze拡張機能
    • WikiEditor – MediaWikiインターフェースの必須/コア部分。
    • CLDRProvides localised language names based on CLDR data

    デフォルトで有効な拡張機能

    これらの拡張機能は、全ての新しく作成されたWikiの初期設定で有効化されていますが、Special:ManageWiki/extensions:で無効に出来ます。

    • CategoryTree – 複数のウィキで良く利用される拡張機能。
    • Cite & CiteThisPage – Wikiページの引用を作成する為の重要で良く使われている拡張機能。
    • DarkMode – ダークユーザーインターフェースを提供します。可視性の理由と利用者の好みで、利用されます。
    • GlobalUserPage – 利用者が、ローカルウィキで利用者ページを作成していない全てのwikiで、Miraheze Login Wikiの利用者ページからコンテンツを表示出来るようにします。
    • MobileFrontend – モバイルデバイス(ウィキの大部分)からの編集をサポートしたいウィキのための重要なMediaWiki機能
    • PurgeAdds in a purge button instead of needing to edit the URL to have "?action=purge"
    • SyntaxHighlightHighlights syntax
    • UrlShortener – サイドバーに短縮したURLを追加する
    • WikiSEOImproves search results to the wiki

    その他の拡張機能

    これらの拡張機能は、Mirahezeで導入済みであり、任意のウィキで、Special:ManageWiki/extensionsから有効化出来ますが、初期設定で有効になっていません:

    {{{1}}}

    却下された拡張機能

    様々な拡張機能がリクエストされていますが、様々な理由で導入されない拡張機能があります。最も一般的な理由は、拡張機能によって、軽減出来ないセキュリティ及び/又はプライバシーの問題が発生する事、拡張がアップストリームで、継続的にに維持できない事、又は、拡張機能が削除出来ないグローバル機能と競合する事です。以下は、却下された拡張機能のリストと、それらが拒否された簡単な理由です。

    • AccessControl – MediaWiki1.29以降では動作せず、プライバシーの問題もあります。
    • BlockBatchメンテナンスされていない。T7303をご覧ください。
    • BlueSpice – セキュリティ上リスクがある為。
    • Configure – アップストリームでメンテナンスされなくなり、(MediaWiki1.18以降で機能していません。)ManageWikiで同じ事が出来ます。
    • ConfirmAccount – CentralAuthと互換性がありません。-利用者アカウントは、グローバルに存在する為、個々のウィキにアカウントを承認させる事は、出来ません。
    • DeleteBatch – 技術的な制限、詳しくは、T956をご覧下さい。
    • DisableAccount – プライバシー上の問題のため導入が却下されたもの
    • DNSlookup – 利用者のプライバシーを侵害する為。
    • Drafts頻繁にメンテナンスされていないもの
    • EditAccount – CentralAuthと互換性がない為-Mirahezeの利用者アカウントはグローバルにある為、Mirahezeにある一つウィキで利用者の情報を変更すると、全てのウィキで影響します。また、他の利用者が電子メールアドレスとパスワードを変更出来るようにする事は、主要なプライバシーとセキュリティのリスクです。
    • EditUser – EditAccountと同様の理由からである。
    • EmbedAnything – セキュリティ上リスクがある為。
    • ExternalLinks – セキュリティ上リスクがある為、詳細は、T1555をご覧ください。
    • GlobaluserrightsIncompatible with CentralAuth
    • Html2Wiki - 解読不可能なコードを含む為。詳しくは、T2740をご覧ください。
    • Html5mediator – セキュリティの問題(任意のJS挿入)のために辞退しました、T1640
    • Markdown – アップストリームでのメンテナンスが継続的に行われていない為。
    • MiniInvite – セキュリティ上リスクがある為。
    • MultiUploadアップストリームでメンテナンスされていません**-類似の機能を提供するMsUploadを利用出来ます。
    • OpenID Connect – セキュリティ上リスクがある為。
    • PageViewInfoIncompatible with Miraheze, specific for Wikimedia
    • Replace Text – Incompatible with database compression
    • PluggableAuth – セキュリティ上リスクがある為。
    • SecurePoll – 個人情報を公開してしまう為。
    • Site settings – ManageWikiは同様の機能を提供(実際にはもっと多く)し、その上この拡張昨日は、直近まで、重大なセキュリティの欠陥がありました。
    • SpecialNamespaces – ManageWikiNamespacesは同じことをします。
    • Tasks Extension – 不安定とフラッグされ、少なくとも一つのパーツ又は、拡張機能全体でさえ、壊れている事が示唆されています。
    • UserGroups – ManageWikiPermissionsが同じ機能を持つ為。
    • WidgetsSecurity risk, see 2020-12-23 Security Disclosure
    • WikiBanner – 広告を受け入れていない為。
    • Wikia製の拡張機能で、mediawiki.orgにページがあるもの。 Special:Withoutimages、 MediaWiki:ImportJS及びSpecial:AdminDashboardのような拡張機能はWikia向けに特化しすぎているため。代わりに類似の拡張機能をご利用ください。

    免責事項

    • 新しい拡張機能のリクエスト:新しい拡張機能をリクエストするには、Phabricatorでタスクを作成して下さい。どのウィキメディア財団のプロジェクトでも使用されていない拡張機能は、事前にセキュリティレビューが必要で在る事に注意して下さい。このレビューの目的は、コードをチェックして、Miraheze全体及び/又は、拡張機能個々の利用者のセキュリティ及び/又は、プライバシーのリスクになるような、脆弱性を確認する為です。残念ながら、このレビュープロセスは、未処理の物がとてもあり、従ってレビューに数週間から数ヶ月かかります。
    • 制限された拡張機能: グローバルに有効な拡張機能のリストにあるいくつかの拡張機能は制限されており、個々のwikiやユーザーが使用することができず、Mirahezeスタッフチームのメンバーであるスチュワードシステム管理者のみが使用することができます。これは通常、以下の理由のどちらか、または両方のために行われます: 拡張機能は、ほとんどの状況ではアクセスされるべきではないが、スパムや破壊行為を止めるためにアクセスする必要があるかもしれない個人情報を明らかにします; および/または、拡張機能はMirahezeの全体的な運営に影響を与えるため、Meta Wikiの外で拡張機能を使用することは物事を壊してしまうでしょう。
    • MultiUploadに関する注意:この拡張機能は、アップストリームで継続的に、維持されなくなった為、Mirahezeに適していません。ただし、別のウィキホスティングサービスである、ShoutWikiに精通している利用者ならば、そこで使用されている拡張機能に気付いているかも知れません。この拡張機能は、ShoutWikiの開発者のみが特定のサービスの為に、ローカルコピーとして維持しており、これらの開発者でさえ最終的機能しなくなった場合、維持する事を続けないだろうと表明しています。従って、MsUploadを使用してください。これにより、類似の機能が提供されます。