休眠の方針

From Miraheze Meta, Miraheze's central coordination wiki
This page is a translated version of the page Dormancy Policy and the translation is 35% complete.
Outdated translations are marked like this.


ショートカット
DP

ウィキの存在を忘れたり、意図的に放置したりすることがあります。放置されたウィキはスパムや荒らしの温床となり、何年も発見されないこともあります。放置されたウィキや空っぽのウィキはMirahezeのリソースを使い続けるので、放置されたウィキを削除することで、Mirahezeに参加したい他のウィキを収容するスペースが空きます。この削除プロセスを体系化するために、Mirahezeは活動のないウィキに何が起こるかを扱うウィキ休眠の方針を導入しました。

ウィキによっては、全く放置されていないわけではありませんが、その性質上、編集数が少なかったり、季節的にしか編集されなかったりする場合があることを私たちは認識しています。そのため、休眠の方針の適用除外が存在し、スチュワードリクエスト掲示板で申請することができます。

プロセス

45日間が経過し、ウィキに活動が記録されていない場合[1]、編集とウィキへのチェックをユーザーに促すために、ウィキにサイト通知 (Sitenotice) が置かれます。さらに15日 (合計60日間) が経過すると、ウィキは閲覧専用モード (「閉鎖」)に設定されます。ウィキのビューロクラットは、特別:個人設定で確認された場合、電子メールで警告されます。この段階で、どの利用者もウィキの再開を要求できます (#再開を参照)。ウィキが閲覧専用モードになってから少なくとも120日以上 (合計180日、つまり6ヶ月間) ウィキが再開されない場合、ウィキは公開されなくなります[2]。その2週間後には、永久削除の対象となります。

通知が適切に配置されていない場合、次のステップ (使用 → 非アクティブ → 休止 → 閉鎖/ロック → 削除) に進むまでの時間が長くなるはずです。利用者は、各通知の後、希望すれば問題を解決するための最小限の時間を持ちます。参考までに表を示します。

投稿のないウィキ

一度も編集されていない空のウィキは、ウィキが作成されてから30日後に削除される可能性があります。これは、これらの利用者がウィキやMirahezeのことを完全に忘れている可能性が高く、ウィキにコンテンツがないためです。ウィキが作成されてから15日後、投稿が全くない場合、利用者に警告するためにウィキにサイト通知が置かれます。さらに15日経っても編集がない場合、ウィキは公開されず、永久削除の対象となります。

例外

すべてのウィキが同じではありません。一部のウィキは放置されているのではなく、その性質上、編集があったとしても自然にほとんど行われなくなる可能性があることを私たちは理解しています。あなたのウィキが以下の条件を満たす場合、スチュワードリクエストで休眠の方針の免除を申請することができます。

休眠の方針の免除を受けるためには、以下の前提条件を満たさなければなりません。

  • ウィキは以下の理由のうち少なくとも一つを満たしていなければなりません。
    • 多くの情報がすでにウィキ上にあり、積極的に編集する必要がない場合。
    • ウィキは時間ベースの集まりのために作られます。例えば、2年ごとや1年ごとのイベントを計画するためのウィキです。
    • その他の例外。スチュワードは最終的な裁量権を持ち、適切と思われるその他の要因に基づいて免除を許可します。
  • 要求者はウィキのローカル権限を持っていなければなりません。
  • 要求者はウィキの現状に大きく関与していなければなりません。
  • 要求者は、グローバルで何らかの活動の兆候を示さなければなりません。
    • スチュワードやMeta上の他のグローバル上級権限者へのメッセージ、$スチュワードリクエスト上のメモ、または問題のウィキへのローカルな貢献が含まれます。

それぞれのケースはケースバイケースで扱われ、スチュワードが最終的な裁量権を持ちます。免除が認められたウィキはDormancy Policy/Exemptionsにリストアップされます。ウィキは様々な免除を受けることができます (例:許可される活動休止の期間が異なる、活動ガイドラインを満たす要件が異なる、または完全に免除される)。

From time to time, Stewards may review exemptions and inquire if they're still needed or remove them if it is obvious they are not. Stewards may use a series of factors (such as viewership if a wiki claims an indefinite exemption as it's read) to determine if an exemption is still required and hold ultimate discretion.

Internal and official wikis

The Dormancy Policy does not apply to official Miraheze wikis such as Miraheze Meta or Miraheze Commons, wikis required for technical purposes, or wikis used for internal coordination by teams. The full list of these wikis is available at Miraheze projects.

Deletion


If the wiki isn't reopened at least 245 days after it was closed (for a total of 365 days of inactivity), the wiki is hidden from public view[2]. If no one requests it be undeleted in 31 days, the wiki becomes eligible for permanent deletion. Wikis aren't automatically deleted on the dot as soon as they hit the one year mark; they are deleted periodically at the discretion of system administrators so deleted wikis may very well linger for many more months until finally deleted. It is best to play it safe and request undeletion as soon as possible if you notice your wiki was deleted.

After a wiki is deleted from our servers, it is not recoverable. Any efforts to continue that wiki must start over or have a backup imported if one exists. Miraheze backs up public wikis to Archive.org every month so it is possible we have a copy of your public wiki if it was deleted. Note that this does not include images.

Reopening and adoption


On the request of any good-faith user at Steward requests, a wiki may be reopened if it has been closed. The requester must have some sort of activity on Miraheze and must provide a reason for requesting the reopening. If the wiki is private, the requester must have reading permissions on the wiki. While there is no maximum amount of wikis that one can request to reopen, a Steward may decline to reopen a wiki if the user has requested opening a large amount of wikis in a short period of time.

If a request to reopen is approved, the requester is not automatically granted administrator permissions, as wikis can't be adopted per se; permissions are instead granted on a case-by-case basis. See Local elections for more information.

Special cases


A wiki that was closed for reasons outside of the Dormancy Policy may be reopened following the outlined process above unless there was a local public community consultation favoring closure.

Private wikis may only be reopened at the request of a good-faith user who previously held reading permissions on that wiki when it closed, notwithstanding private personal wikis wholly or substantially about the originally requesting user where ruling by community consensus would be entirely inappropriate.

Wikis created for as public personal e-portfolio, curriculum vitae (résumé), blog, or narrowly construed similar wikis of a single user are exempt from the reopening process of Dormancy Policy as it does not make sense to allow a community of users to hold a local discussion to change the administration of someone's personal public e-portfolio or similar wiki.

Notes


  1. 目安としては、特別:最近の更新に表示されているもの (アカウント作成と利用者名変更記録を除く) は、活動としてカウントされます
  2. 2.0 2.1 We refer to that as 'soft deletion'. During this phase, a wiki is simply hidden from public view but its data is untouched.

Revision history

  • 2016-01-01: Policy went into effect

Policy last edited on 2024-03-11