カスタムドメイン

From Meta
This page is a translated version of the page Custom domains and the translation is 65% complete.
Outdated translations are marked like this.
OOjs UI icon articleSearch-ltr-invert.svgカスタムドメイン

Mirahezeでは、あなたのWikiにカスタムドメインを使用することができます。miwiki.miraheze.org(miraheze.orgサブドメイン )を使用しなければならない代わりに、独自のドメイン(例:miwiki.comwiki.domain.comなど)を使用することが可能です。詳しくは以下の手順をお読みください。

手順

カスタムドメインの設定は以下の4ステップを踏んで簡単にできます。

1. ドメインを取得する

  • カスタムドメインを設定するには、ドメインを取得する必要があります。ドメインを購入できるNamecheapなどの評判の良いレジストラがたくさんあります。ドメインにお金を払いたくないですか?無料のドメインサービスについては、ここをクリックしてください。

2. Mirahezeとつなぐ

  • ドメインを取得したら、Mirahezeと提携する必要があります。名前空間サーバーをMirahezeに向けるか、Wikiの対象となるサブドメインのCNAMEレコードをmw-lb.miraheze.orgに設定することができます。
  • ネームサーバをMirahezeに設定しますか?ns1.miraheze.orgとns2.miraheze.orgにネームサーバーを設定してください(方法が分からない場合は、ドメインレジストラに連絡して下さい)。
  • サブドメインをMirahezeに利用しますか?ご希望のサブドメイン(例:"wiki.")のCNAMEにmw-lb.miraheze.orgを追加してください。
Pictogram voting info.svg Note: DNSサーバーとしてCloudflareを使用している場合は、Cloudflareのページにて設定方法を確認して下さい。

What should I choose?

Each option has different pros and cons:

あなたはあなたのドメインのネームサーバーをMirahezeにすることをご希望かもしれません。その場合、あなたの使用しているドメインで使用されているあらゆるサービスが利用不可能になり、あなたは使用しているドメインをコントロールできなくなることに、ご注意ください。

  • If you choose to simply point a subdomain to Miraheze, you'll have complete control of your DNS records, but you'll need to manually set records yourself with your DNS provider.

3.

Choose who will provide an SSL certificate.

  • For your safety, Miraheze uses SSL/TLS to encrypt the connections from our servers to your browser to make sure no one intercepts your connection. For this reason, we require all custom domains to have an SSL certificate. You can either provide us your own SSL certificate or let us handle it completely (for free, via Let's Encrypt). If you have no idea what SSL means or is, select the Let's Encrypt option.
  • 設定を任せる場合: あなたが作業することなく、選択されたサブドメインに対するSSL証明書(Let's Encryptを使用します)を私たちで作成し、自動的に更新することができます。あなたの作業は終わりました!
  • 独自のSSL証明書を選択した場合: あなたが申請を送信した後、あなたのCSRリクエストを処理するシステム管理者が、CSRと秘密鍵(私達のサーバで使用するための)を生成した後、そのCSRをメールで送信します。あなたは、SSL証明書ベンダーにメールで受信したCSRを使用して、SSL証明書を生成するよう依頼してください。生成されたら、そのSSL証明書を私達にメールで送信する必要があります。これらが完了したら、私達はカスタムドメインをあなたのウィキに追加します。

4. 申請を作成する!

  • 上記の手順が終わり、SSL証明書を誰が提供するかを決めたら、Phabricatorで申請をします。フォームでは、あなたのウィキの現在のサブドメイン、あなたが希望するドメイン、Let's Encryptを使用する(SSLの管理を私たちに任せる)かSSL証明書を自分で提供するか、のについて全ての項目を記入してください。
カスタムドメイン申請フォーム(Phabricator)

これらの手順について手助けが必要であったり、疑問があったりしますか?Reception123が、あなたをお手伝いすることができます(英語となります)。

Note for CloudFlare users

ダッシュボード
ドメインのセクション。
あなたのエントリはこのようになるはずです!

Cloudflareの利用者はCloudflareのDDoS保護/オリジンIP保護を切らなくてはなりません。これについては交渉の余地はありません。 保護がオンになっていると、MirahezeはSSL証明書の申請を処理することができず、私達の内部システムにセキュリティの問題を含む問題を発生させることになります。 私たちのIPはすでに公開されているため、オリジンIP保護は必要ありません。また、ネットワークベンダーを通じてDDoS保護を受けています。

以下のステップに従って、CloudflareのDDoS/起源IP保護システムを無効にしてください。 この方法は、あなたがhttps://dash.cloudflare.com のダッシュボードを使用していることを想定しております。

  1. dash.cloudflare.comに行きます。
  2. ダッシュボード中の、あなたのドメインをクリックしてください。
  3. "DNS"に行ってください。

mw-lb.miraheze.orgCNAMEエントリを追加してください。対象になっているクラウドはグレーで表示されているはずです。もしそれは黄色ならば、クリックしてグレーにしてください。"Add Record"をクリックしてください。結果は、最後の画像のように見えるでしょう。

  1. Click "Add Record". The result has to look like the last image.

これが完了したら、上記の手順に戻ります。

詳細なルールに従わないと、カスタムドメインがすぐに削除され、必要に応じてさらにアクションが実行される可能性があることに注意してください。ご不明な点がございましたら、tech(at)miraheze.orgまでお気軽にお問い合わせいただくか、作成したPhabricatorタスクについてお問い合わせください。

FAQ

無料の(サブ)ドメイン

独自ドメインの料金を支払いたくない場合は、代わりに使用できる無料のサブドメインを提供するサービスがあります。ただし、全てのMirahezeのウィキでは無料でmiraheze.orgのサブドメインを自動的に取得します。

無料の(サブ)ドメイン提供者
  • FreeDNS(無料のサブドメインを提供しています)
  • Freenom(.cf、.ga、.gq、.ml、.tkで終わるドメインを無料で提供しています)

URL構造

Mirahezeは、ドメインルートからのページを提供しないように構成されていることに注意してください。例えば。ウィキがexample.miraheze.orgで、そのメインページの名前が「Welcome」の場合、URLはhttps://example.miraheze.org/Welcomeですが、代わりに(https://example.miraheze.org/wiki/Welcome(/wikiに注意してください)ピース)。同様に、カスタムドメインを使用している場合でも、MirahezeはこのURL構造のページを提供します。したがって、example.orgを管理していて、Mirahezewikiがカスタムドメインを使用するように要求した場合。 wiki.example.orgの場合、「ようこそ」ページのURLはhttps://wiki.example.org/wiki/ようこそになります。

SSL証明書認証局

Mirahezeは、Mozilla Firefoxのようなブラウザで受け入れられているSSL証明書認証局の大半を受け入れています。しかし、WoSignの証明書はもう受け付けていません。

Mirahezeカスタムドメインで現在使用されている認証局

以下は、現在カスタムドメインで使用されているSSL証明書認証局のリストです。これは、リストにない他の認証局を受け入れないという意味ではありません。

  • Let's Encrypt - Mirahezeが運営しているので、Let's Encrypt関連の全てのステップ(ネームサーバーの設定以外)は、Mirahezeのシステム管理者が実行します。
  • CloudFlare (注:追加の制限が適用されます。詳細については、リンクをクリックしてください)
  • Comodo
  • Gandi
  • GeoTrust
  • GlobalSign
  • GoDaddy
  • RapidSSL