カスタムドメイン

From Meta
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Custom domains and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎português do Brasil • ‎فارسی • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(台灣)‎ • ‎日本語 • ‎한국어

Mirahezeでは、申請に応じてウィキをカスタムドメイン(例えば、wiki.yourdomain.org)で使用することを可能にしています。私達が求めるのは、以下のステップに従うことと、あなたのウィキのSSL証明書だけです(SSL証明書なしでは、カスタムドメインもありません。WoSign証明書は許容しません。Let's Encryptのご利用を希望する場合は、その旨をタスクで述べてください。Let's Encryptは、私達が完全に制御しているプロセスで、ドメインを私達のサーバーに指定すること以外、あなたによる干渉的・追加的な作業を必要としないからです)。

  • あなたは、ウィキで使用を意図しているドメインやサブドメインのCNAMEエントリを設定することで、カスタムドメインを使用できます。
  1. ご希望のサブドメイン(例:"wiki")にCNAMEを追加し、mw-lb.miraheze.orgにポイントさせてください。
    1. CloudflareをDNSサーバーに使用している場合は、Cloudflareのページにて設定方法をご覧下さい。
  2. Phabricatorのこのフォームに記入し、CSR(あるいは直接的に証明書)を申請してください。
  • あなたはあなたのドメインのネームサーバーをMirahezeにすることをご希望かもしれません。その場合、あなたの使用しているドメインで使用されているあらゆるサービスが利用不可能になり、あなたは使用しているドメインをコントロールできなくなることに、ご注意ください。
注意:もしご希望のドメインで既にウェブサイトをホストしている場合、そのサイトは閲覧不可能になります。
  1. まず、ns1.miraheze.orgとns2.miraheze.orgにおけるネームサーバーを変更します(方法が分からない場合は、ドメイン登録者にご連絡下さい)。
  2. Phabricatorのこのフォームに記入し、CSR(あるいは直接的に証明書)を申請してください。

ウィキ申請欄には"Custom domain"欄が存在しますが、これはボランティアにカスタム・ドメインを使用する意思があることを知らせるものでしかありません。カスタム・ドメインのご利用を希望される場合、空欄にするよりは歓迎されますが、実際にカスタムドメインが利用可能になるためには、上記のステップが完了していなければなりません。

Let's Encryptではない場合:あなたのCSR申請を扱うシステム管理者が、CSRと(私達のサーバーで使用するための)非公開鍵を生成してから間もなく、申請されたCSRは、あなたにメールされます。あなたはこのCSRをSSL証明書の提供者にSSL証明書の発行を申請するために用います。発効されたら、生成されたSSL証明書を、私達にメールする必要があります。これら全てのステップが完了したら、私達はあなたのウィキにカスタムドメインを追加します。この作業が全て完了したら、あなたにお知らせいたします。

Let's Encryptである場合:あなたがやることは何もなく、システム管理者が書き換えも含めた残りの全ステップを片付けます。

これらのステップにお手伝いが必要ですか?Reception123Paladoxが、あなたをお手伝いすることができます。

フリードメイン

あなたはご希望の任意のドメインを無料のサブドメインとして(サイト上にある限り)、Mirahezeドメインの代わりに登録可能です。いくつかのドメインはとても短いので、フルドメイン名の大部分をあなたのウィキの名前にすることができます。

利用可能なサイト

SSL証明書認証局

Mirahezeは、Mozilla Firefoxのようなブラウザで受け入れられているSSL証明書認証局の大半を受け入れています。上述のように、WoSign証明書は今ではもう受け入れておりません。

Mirahezeカスタムドメインで現在使用されている認証局

以下は、現在カスタムドメインで使用されているSSL証明書認証局のリストです。これは、リストにない他の認証局を受け入れないという意味ではありません。

  • Let's Encrypt - Mirahezeが運営しているので、Let's Encrypt関連の全てのステップ(ネームサーバーの設定意外)は、Mirahezeのシステム管理者が実行します。
  • CloudFlare
  • Comodo
  • Gandi
  • GeoTrust
  • GlobalSign
  • Godaddy
  • RapidSSL