行動規範/コミッション

From Meta
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Code of Conduct/Commission and the translation is 100% complete.

このページはMirahezeのグローバル・ポリシーを文書化したものです。この方針は、同意またはスタッフガイドライン、若しくはその両方に従います。全てのMirahezeの利用者はこれに従うべきであり、為された変更についてはトークページで議論されるべきです。

Other languages:
English • ‎español • ‎français • ‎日本語 • ‎한국어
Shortcut:

「行動規範委員会」は、行動規範に基づく紛争の最終的な仲裁機関であり、ユーザーは、別のグループ(つまり、スチュワード、グローバル管理者、IRC/Discordオペレーターなど)が連絡があり、十分な議論の後、またはそのグループがそのプロセスを使い果たした後、彼らは結果に満足していません。行動規範委員会の役割は、紛争を仲裁し、紛争の問題と以前の処理で行うことができる改善の両方を分析および解決する拘束力のある結果を生み出すことです。レビューが完了した後、委員会は、行動規範に違反するユーザーに対して必要な措置を講じるか、別の制裁を課す(または現在の制裁を削除する)ことができます。以前の紛争解決方法が試みられたことを示さないユーザーは、他のグループにリダイレクトされ、聞こえません。

conduct at miraheze.orgに送信された報告は、迅速かつ秘密裏に扱われます。利用者たちの行動を評価する際には、コミッションは、文脈を得るため、彼らのMiraheze外での行動(他のフォーラム、メーリングリスト、等)も考慮する可能性があります。報告者のアイデンティティーは、そうしないように希望されない限り、行動規範コミッション以外のいかなる人物にも公開されることはありません。

行動規範の違反は、conduct at miraheze.orgへのメールによって行動規範コミッションに対してのみ報告されるべきであり、その他の場所への報告は認められません。

ケースへの対処のプロセス

  • conduct at miraheze.orgに、以下の情報を付けてメールしてください。
    • あなたの連絡情報(補足情報が必要な時に、私達があなたと連絡を取れるように)
    • 全ての関係個人の名前(本名、ニックネーム又は偽名)。もしあなた以外にも承認がいれば、彼らの事も含めるように試みてください。
    • 委員会に連絡する前に連絡した他のグループ、および彼らがとった可能性のある行動または決定。
    • いつ、どこで出来事が起こったか。できるだけ具体的にお願いします。
    • 何が起こったかの説明。もし、公開で入手可能な記録(例えば、ウィキの版や、公開IRC記録)があれば、リンクも含めてください。
    • その出来事に対し存在していたとあなたが信じる追加の文脈。
    • もし出来事が進行中だと信じる場合。
    • その他、私達が持つべきだとあなたが思ういかなる情報でも。
  • あなたのメールは、行動規範コミッションメンバーに転送されます。
    • 報告者がコミッションにそうでないように依頼しない限り、報告は秘密裏に行われます。
  • コミッションが苦情を受け取った後、彼らは報告から72時間以内の即時の、一時的であり得る対応(コミッションが完全に問題を調査するまでの一時的ブロックや、決定がなされるまでの一時的な権限剥奪など)を出します。
    • Mirahezeがサポートするプラットフォームのモデレーターたちは、行動規範に沿って一時的な対応を行うことが可能です。一時的措置の後は、理由と共にそのことをコミッションに必ず報告しなければなりません。
  • コミッションは出来事を評価し、何が起こったか確定させます。
    • コミッションは、それから、どうするか決定します。これには、以下の対応が含まれます。
      • 何もしない。
      • 違反者に、非公開で警告を出す。
      • 違反者に、公開で警告を出す。
      • 強制休暇(例えば、ウィキやIRCで「1週間の休みを取る」事を求めるなど)。彼らはこの休暇を任意で取るように求められますが、もし彼らが同意しなければ、この休暇を強制的に課すための一時的なブロックが課せられ得ます。
      • Miraheze空間(ウィキ、Phabricator、IRCなど)の一部または全部からの、一時的あるいは永久的なブロック。
  • コミッションは報告者に決定内容が何であったとしても、それを知らせます。
    • 稀なケースでは、コミッションは公開の説明が必要だと決定する可能性があります。その場合、全ての被害者・報告者のアイデンティティーは秘密として扱われます。この情報は、対象者がコミッションにそうでないよう指示しない限り、公開の説明には含まれません。

異議申し立て

委員会は、制裁に関する別の控訴が委員会に対して行われる前に経過しなければならない任意の期間の決定を明確にします。

メンバーの任期

行動規範コミッションのメンバーは1年間コミッションに勤めます。メンバーは自発的に辞任したり、対象者を除いたコミッションメンバーの多数決によって除名されたりすることがあり得ます。

現在と過去のコミッションのメンバーは、こちらにリストアップされております。

利害の対立

行動規範コミッションのメンバーは、参加によって利害の対立に巻き込まれるようないかなる議論にも参加すべきではなく、その問題は避けるべきです。利害の対立には、以下のようなものがあり得ます。

  • 職業的 - コミッションメンバーと関係利用者が連携している(ウィキ連携、システム管理者連携など)場合。
  • 財政的 - 問題の関係者と財政的関係がある場合。
  • 家族的・個人的 - 家族や、個人的に近い関係にある場合。

もしメンバーが上記の理由で問題を回避することに決めた場合、スタッフチームから、一時的なメンバーが割り当てられることとなります。

もし、コミッションのメンバーがスタッフチームのメンバーでもある場合、彼らは自動的に、異議申し立てのケースの評価を行うことから外されることとなります。

その他のプロセス

行動規範コミッションは、このページに説明されていない問題については、独自のプロセスを持っている可能性があります。