チェックユーザー

From Meta
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page CheckUser and the translation is 100% complete.
Other languages:
British English • ‎English • ‎Tagalog • ‎català • ‎español • ‎polski • ‎中文 • ‎日本語
Shortcut:

チェックユーザーは、チェックユーザー及びスチュワード達が編集者のIPアドレスを(ソックパペット性を疑う主張を調査するために)調べ、特定のIPアドレスを利用するすべてのユーザーを発見し、特定のIPアドレスから為された全ての編集(ログイン時・ログアウト時ともに)を確認することを可能にするインターフェースです。

チェックユーザーツール

Special:CheckUserは、Check users権限を持つユーザーのためのインターフェースです。それを使うことで、利用者は、以下の事が可能です。

  • あるユーザーがどのIPで、編集、記録されるアクション、あるいはパスワード変更をMirahezeのウィキ上で行ったかを確定させること
  • ある特定のIPから(ログイン時も含めて)為されたMirahezeのウィキ上での編集、記録されるアクション、あるいはパスワード変更の活動を特定すること。
  • MediaWikiインターフェースを使って、他のユーザーにメールを送信したか特定すること。好意の時間が記録されており、宛先のメールアドレスや利用者情報は秘匿されています。

この情報は短期間しか保管されないため(3カ月)、それ以前になされた編集はCheckUserからは見られません。

ツールによって誰がどんな調査を行ったかの記録は保存されます。この記録は、 View the checkuser log権限を持つ利用者には閲覧可能です。

記録は、こんな感じで表示されます(英語であることに注意)。

ツールの使用

本ツールは、荒らしへの対抗、ソックパペットの不正利用のチェック、及びプロジェクトへの妨害行為を制限するために使われます。本ツールは、Mirahezeのいずれかのウィキか、コミュニティへのダメージを防ぐためにしか使ってはなりません。

本ツールは、編集者に圧力をかけるために、あるいは常時対立関係にある別の編集者への脅威としては、使われるべきではありません。利用者情報の調査には、有効な理由が明確に示されていなければなりません。代替アカウントの所持は、ポリシー違反に利用されるのでない限り禁止されていないことに注意してください。

調査されたアカウントへの通知は許容されますが、義務ではありません。同様に、コミュニティへの調査の通知も義務ではありませんが、プライバシー・ポリシーの規定に従う形で、行うことができます。

いくつかのウィキでは、例えばソックパペット疑惑に対して無実である証拠を提供する必要がある場合などに、彼又は彼女の申請に沿って編集者のIPを調べることが許容されております。しかし、そのような状況でのチェックユーザー申請は時として攪乱の試みの一部であることに注意してください。

Mirahezeの利用者はローカルウィキを訪れるだけでうっかりアカウントを自動作成してしまうことがあるため、チェックユーザーは決して、プライバシー・ポリシー上記ガイドラインに反してはいけません。

チェックユーザーへの連絡

チェックユーザーへ連絡を取る一番いい方法は、Stewards' noticeboard(スチュワードへの伝言板、英語のみ)へ通知を残すことです。スチュワードはチェックユーザーツールを利用可能で、大半の上位権限者はこの伝言板をチェックするからです。

権限

権限は、利用者をCheck usersグループに追加することで認められます。権限の申請は、Meta:Requests for permissions(メタ:権限の申請)又はStewards' noticeboardで行うことができます(いずれも英語のみ)。