不正利用対策チーム

From Meta
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Abuse Team and the translation is 100% complete.


This page is currently inactive and is retained for historical reference.
Either the page is no longer relevant or consensus on its purpose has become unclear. To revive discussion, seek broader input via a discussion page such as the community noticeboard.



Other languages:
Cymraeg • ‎English • ‎español • ‎বাংলা • ‎中文(台灣)‎ • ‎日本語 • ‎한국어

不正利用対策チームグループは、スタッフチームのメンバーの何名かに、アカウントをロックしたり、IPをグローバルブロックしたり、グローバルにウィキを管理したり、グローバル利用者権限を変更したりすることを、グローバルグループを経由することなく、メタに中心的にログインした状態のままで可能にするために作られました。この利用者グループはwiki-abuse at miraheze.orgのメールに対応するために作られました。

メタにおけるグループの権限

この利用者グループの利用者は、メタでは以下の権限を与えられます。

権限

説明

理由

userrights

利用者に、あらゆる利用者権限の変更ができるようにする。

これは、スタッフメンバーにアカウントが欲している権限を与えることを可能にし、稀な場合には、不正利用やブロックの有効化のために取り除くことをも可能にするものです。この権限は、より良い記録保全と透明性のため、メタのみから実行されます。(この権限は、かつては「システム管理者」権限所持者に一時的なものとして認められていましたが、今では不正利用対策チームに限定されております)

centralauth-lock

利用者がグローバルにアカウントをロックしたり、ロック解除したりすることを可能にする。

これは、スタッフメンバーに、グローバルなブロック、不正利用、法的問題など、公式な理由から必要な時にアカウントをロックすることを可能にする権限です。ロックが誤って行われた場合や、懸念事項が緩和された場合に、スタッフメンバーがアカウントのロックを解除することも可能にします。この権限は、より良い記録保全と透明性のために、メタのみから実行されます。

userrights-interwiki

利用者がメタからクロスウィキで利用者権限を変更することを可能にする。

この権限はスタッフメンバーにメタ以外のウィキの利用者権限をメタから変更できるようにし、小規模ウィキで分散して変更する場合よりもよく、中央集中的で、透明性の高い記録を、中央で得られるようにします。

globalblock

利用者がメタからIPをグローバルブロックすることを可能にする。

この権限はスタッフメンバーが不正利用や法的理由からIPをグローバルブロックすることを可能にします。この権限は、より良い記録保全と透明性のために、メタのみから実行されます。

managewiki

利用者がメタからウィキの管理を行うことを可能にする。

この権限は、通常は利用規約コンテンツ・ポリシーに違反しているウィキを閉鎖するために、スタッフメンバーにメタからウィキの状態を変更することを可能にします。この権限は、より良い記録保全と透明性のために、メタのみから実行されます。


グローバルグループにおける権限

グローバル利用者グループでは、利用者には以下の権限が認められます。

権限 説明 理由
autoconfirmed IPベースの速度制限に影響されない権限

このグループの利用者は既に経験豊富なので、この権限によって、従う必要のない新規利用者のための制限を回避します。

bigdelete, delete, deletelogentry, deleterevision, undelete 膨大な履歴のあるページの削除、ページの削除、特定の六エントリの削除と復元、特定版のページの削除と復元、及びページの復元。 時折、不正利用の不満に対応するために、Mirahezeでは特定のページを削除する必要が生じ得ます。これらの利用者権限は、スタッフがそれを行うのを可能にします。更に、誤って削除された場合や問題が解決された場合に、復元することも可能にします。
block, blockemail, unblockself, 他の利用者が編集することのブロック、利用者によるメール送信のブロック、自身のブロック解除 スタッフがグローバル・ポリシー違反の利用者をブロックすることを可能にします。彼らは仕事を続けるために自身のブロックを解除する必要も生じうるので、その冠水のために自身のブロックを解除することも可能となっております。
browsearchive, deletedhistory, deletedtext 削除されたページの検索、対応するテクストのない、削除された履歴エントリの閲覧、及び削除された版同士のテクストの変更や、削除されたテクストの閲覧権限。 これらの利用者権限は、スタッフが削除されたページのアーカイブを閲覧することを可能にします。この権限は、利用者が秘匿された版を見ることは可能にしません。そのためには、別途オーバーサイト権限が認められていなければなりません。
edit, editinterface, editprotected, editsemiprotected, editusercss, edituserjs ページの編集、ユーザーインターフェースの編集、「管理者のみに許可」として保護されている(全保護の)ページの編集、他の利用者のCSS/JavaScriptファイルの編集権限。 スタッフは、必要な時にウィキに変更を加えられるように、全てのページの編集が認められています。
protect 保護レベルの変更と、カスケード保護されたページの編集権限。 この権限により、スタッフはページの保護レベルを変更して、グローバル・ポリシーのそれ以上の違反を阻止することができます。
read ページを読む権限 この利用者権限により、スタッフは非公開ウィキの調査を行うことも可能となります。

メンバー